ロゴ
HOME>特集>妊娠中も歯医者に通おう!歯の健康診断を受ける理由

妊娠中も歯医者に通おう!歯の健康診断を受ける理由

歯

妊婦が歯の健康を守ることを大切とする理由

妊婦の場合、歯が痛くなっても治療を受けることができないと勘違いをしている人もいるようです。しかし妊婦だからこそしっかりと歯の治療は行ったほうがよいでしょう。千代田区にある歯医者の中に妊婦でも受診しやすい環境を整えているクリニックがあります。妊娠中は麻酔も薬も使用に制限がかかっていることがありますが、妊婦でも使用をすることができる薬を揃えているので安心をして受診をすることができます。虫歯があると血液に虫歯菌が入り込んでしまったり、他の細菌が入り込んで胎児に影響を及ぼしたりするということもあるかもしれません。また妊娠中はホルモンバランスが崩れたりするので、口腔環境も変わってしまうということがあります。そのためケアはしっかりと行っておく必要があります。

歯型

歯の健康診断を受けるタイミング

妊娠中は歯医者を受診することができないわけではありません。出来るだけ妊娠前に口腔環境を改善したり、虫歯があった場合には完治させたりしておくことも必要です。また親知らずもできるだけ妊娠前に抜歯を行っておくとよいでしょう。妊娠初期は使うことができる薬の種類も少ないので、痛み止めを使うことができない可能性もあります。妊婦も歯科健診を受けることが必要ですが、出来るだけ妊娠後期に受けたほうがよいでしょう。千代田区では妊婦健診と合わせて歯科健診も受けることができるクリニックもあるので、まずは対応をしているクリニックを探してみるとよいでしょう。そうすることによって歯の健康を維持することができるようになり、歯の痛みで苦しむこともなくなるでしょう。